カテゴリー「 一般研修 」の記事

13 件

今年最後の一般研修を行いました。

テーマは「排尿ケア」でした。

看護師だけでなく、看護補助者、リハビリと他職種が参加し、よりよい排尿ケアに努められるよう知識の再確認と共有をはかりました。

 

アンケートより(参加者64名)

1、今回の研修の内容は理解できましたか。

よく理解できた…7名

ほぼ理解できた…43名

一部理解できた…10名

あまり理解できなかった…1名

2、今回の研修は実際に業務に活用できますか。

十分活かせる…6名

活かせる…36名

一部活かせる…17名

あまり活かせない…2名

3、感想

・排尿ケアは病棟スタッフみんなが関わることなので必要性やケアの現状を共有しながら行っていかなければと思った。他職種とのかかわりが多いので協力しながらケアをしていきたいです。

・排泄動作は自尊心に大きく関わる事柄であり、一日でも早く自立できるようにチームで関わる大切さを認識することが出来ました。

・排尿自立指導を行うことによってADLの維持や増進をもたらすことができることが印象に残りました。

 

「排尿ケア」と改めて言われてしまうと

えっ?難しいことなの・・・・?

と思いがちですが、

普段からやっていることなんです。

それを書類を書いて~多職種で~となると

ややこしくなりがちですが

ちゃんとやっていますよーということを

書き表さないと国は認めてくれませんからね。

 

でも、今日さっそく声をかけてくれた看護師がいました。

アンケートの中で、担当がいなくてもできるようにしていきたい。と

意欲を見せてくれる人もいて

勉強会してよかったなぁ~と思います。

-良かったらポチっとな-

原田病院にはさまざまな学生さんたちが実習に来ています。

今も実習期間中です。その実習生さんたちにより良い環境で、より良い経験ができればいいなと思っています。

今回は看護に関する実技や知識に関するテーマではなく「実習指導者研修」に参加した内容の報告会です。

学びを共有して、病院全体でよりよい環境で実習ができるようレベルアップしていきたいと思います。

 

アンケートより

研修の感想・最も印象に残った内容

・実習しやすい環境を作れるようにできるだけ協力していきたいと思います。笑顔で声をかけやすいようにしていきたいです。

この病棟へ実習に来てよかったと言ってもらえるようにしたい。

・受け入れているという病棟の環境を整えていくことは大切なんだなと思いました。指導する人が一人で頑張るのではなく、みんなで協力し合うことでよい指導を行っていけると思った。

・「人を育てるのは大変。でも人を育てるのは人でしかない」との言葉が思い浮かびます。先日養老孟司さんの話を伺う機会がありましたが「よく生きること」を強調されていました。最後は自分がどう生きてきたのか、どう生きていくのかなのだと思います(A4 笹原)

-良かったらポチっとな-

本日は看護部の職員を対象とした研修会でした。日々認知症の人と関わる機会のある私達ですが~

きちんと理解しているのでしょうか…?

認知症の人の気持ちになって、自分達の今までの関わりを振り返りました。

 

アンケートより(43名参加)

1、今回の研修の内容は理解できましたか。

よく理解できた      ……30名

ほぼ理解できた      ……10名

一部理解できた      ……3名

あまり理解できなかった  …0名

 

2、今回の研修は実際に業務に活用できますか。

十分活かせる      ……27名

活かせる        ……15名

一部活かせる       ……1名

あまり活かせない     ……0名

 

3、今回の研修で最も印象に残った内容を書いてください。

・徘徊している患者さんに「どうしたの?」と聞くと「家に帰る」という患者さんが多いです。

このような時はなぜ家に帰りたいのかなど目的をしっかり傾聴し、不安を取り除くことが大切だというところが印象に残りました。

 

・入浴の介護者が患者の目線にあわせているのに患者には介護者の手しか見えていないこと、孤独に感じていることがDVDを見て印象に残った。

視界が狭いことを忘れずにケアしなければいけないなと思いました。

 

・場所が分からない不安、環境変化における不安が不穏行動につながっていることがよくわかりました。

DVDでは患者様の視点で世界観が感じられとても理解できました。視野が狭いという所で、対応を注意していこうと改めて思いました。

理解も深められてよかったです。

-良かったらポチっとな-

本日リハビリスタッフと合同研修会でリンパ浮腫について

テルモさんより講義をしていただきました。

 

正しい知識を持って、より良いケアが行えるようにしていきたいですね・・・

いろいろな商品があって、患者様にあったもの☆使いやすいもの☆尚且つお値段との相談ですね~あらゆることを考えて、患者様のためにこれからも勉強が必要ですね~

 

男性スタッフは力もありますし、ストッキングなど履いたことがないので着圧ストッキングを履く大変さが理解できなかったようでした。

確かに・・・わたくし最近思うのですが・・・

腕力には自信があり、握力もある方ですけど、どうも若い時と節々の感じいが違います。教科書では習いましたけど、自分の意思に反して、少しづつ力が衰えていってしまうんですよ・・・ホントに・・・指先に力が思うように入らないとか・・・いろいろな現象に見舞われています(>_<)

-良かったらポチっとな-

「血液データーと肺機能検査の見方」というテーマで

当院の検査技師による院内研修会を行いました。

参加者 60名

アンケートより

1、今回の研修の内容は理解できましたか。

よく理解できた…4名

ほぼ理解できた…30名

一部理解できた…14名

あまり理解できなかった…3名

 

2、今回の研修は実際に業務に活用できますか。

十分活かせる…6名

活かせる…28名

一部活かせる…17名

あまり活かせない…0名

 

3、今回の研修で学んだことを書いてください。

・採血時の状態やその後の長時間の放置によって数字が大きく変わった症例をみて、勉強になりました。

・実際の肺機能検査の方法が理解できた。検査の方の声掛けがすごく重要なんだと感じた。パニック値について理解できました。実際の値だけをすぐに信じるのではなく、その時の状態も大切だと感じた。

・採血の手技で患者さんのデータに影響してしまうことが改めて理解できました。再度取り直す事は患者さんにとって負担になるので正しい方法で行うことに努めていきたい。

・少しずつ採血を実施するようになりましたが改めて溶血させないようにすることが大切なのか、なぜそれに気をつけるのかを考えることができました。

 

4、今回の研修の感想を書いてください。

・スパイロメトリーの通常、臥床パターンでの測定演習を実際に見られて勉強になりました

・他職種の業務を理解すること、さらに深く有効な連携が出来るようになると思い、とても有意義な時間であったと感じました。

 

実際の肺機能検査をやらせていただきました。

座位でやるのと寝てやるのを比較してみたり・・・

今回は、若いモデルさんで腹筋もあるためあまり差は出ませんでしたが・・・

 

 

 

 

 

-良かったらポチっとな-

昨日、「フィジカルアセスメント」をテーマに院内研修が行われました。

講師は外来師長。

今回もプロにお話しを聞き、学びを共有し、明日からへの業務に繋げます。

・・・と言いたいところですが、奥が深いので

さらに自己学習が必要ではないでしょうか!?

 

 

アンケートより(参加者 32名)

1、今回の研修の内容は理解できましたか。

よく理解できた…9名

ほぼ理解できた…19名

一部理解できた…2名

あまり理解できなかった…0名

 

3、今回の研修で学んだこと・現場での活かし方を書いてください。

・基礎を改めてしっかりと学べたことで今後、入院されてきた患者様へのバイタルサイン測定や問診の方法もより良くなり、基盤になると思った。

・①肝硬変の患者さんのフィジカルアセスメント(メチューザの頭、触診)②聴診音(雑音の種類)

肺Caや肝硬変の患者さんが入院されているので学んだことを活かしていきたいと思います。

 

4、今回の研修の感想を書いてください。

・呼吸音、腹部の音を実際に聞いて、いつも行っていることについての確認(自分がきいていた音は正常なのが)確認することができた。

・今回の研修で積極的に患者の所へいき、学んだ方法で聴診できたらうれしいです。

・呼吸音や部位だけでなく、聴診器の種類も知ることができ勉強になりました。正常音をしっかり把握し、異常音を早期に発見できるようにしていきたい。

-良かったらポチっとな-

「看護必要度」の研修を行いました。

講師は病棟の中堅を担うナースにお願いしました。

 

1、今回の研修の内容は理解できましたか。

よく理解できた…4名

ほぼ理解できた…18名

一部理解できた…15名

あまり理解できなかった…2名

2、今回の研修で学んだこと・現場での活かし方を書いてください。

・B2、B3病棟では看護必要度に必要な情報、記録が大変だということを学びました。少しでも評価できる情報を提供できるようにしていきたい。

・患者さんのケア表を書く機会が多いので、この研修を踏まえてもう少し内容を細かく正確な内容になるように記入できるようにする。

 

3、今回の研修の感想を書いてください

・この研修だけでなく現場でも教育していかなければならない。「正しい記録をかく」というところが大事だと思う。

・二択問題にしてもらったのはとても良かったと思いました。解説も伝えてもらったことで、なぜ、この選択なのかが理解できました。

・改めて問題を解くと難しかった。知識を学び続ける大切さを再認識できた。

 

 

「看護必要度」言葉を聞いたことがある程度の新人さんから

ベテランさんまで一緒の研修では理解度に差が出てしまいました。

決して!!

講師に問題があったわけではありませんから~

 

看護必要度に必要な記録を書くのは実践した看護師なので、

新人さんにも理解してほしい部分はあったのですが・・・・

わかってくれたかな?

ちゃんとケアしたところは記録が書けるかな?

 

-良かったらポチっとな-

12日(水)に院内研修を行いました。

テーマは「画像の見方」ということで、診療技術部の部長に講義を行って頂きました。

主な参加者は看護部とリハビリテーション科のスタッフ。

日常的に患者様をCTやMRIのご案内をしたり、画像を見る機会はあっても詳しい知識はない…

でも、患者様に聞かれることも。。

明日からの業務に役立てるために講義にのぞみます!!

 

アンケート集計結果(参加者73名)

1、今回の研修の内容は理解できましたか。

よく理解できた…    16名

ほぼ理解できた…    38名

一部理解できた…    15名

あまり理解できなかった…0名

 

2、今回の研修で学んだことを書いてください。

・日常の仕事をしていてX-Pとりすぎでは?とか被爆大丈夫?と尋ねられることが多く、今回日常的に放射線を浴びている量を知ることができ、患者に安心材料を学べることができた。

・疾患に対しての画像の見方が病棟だとなかなか見れないので少しでも見れてよかった

・MRIで女性が使っているマスカラつけまつげの化粧品はやけどの危険がある。脳梗塞の診断はMRIで発見しやすいが、診療上CTをとるのがいい。胸8番から腰2番は圧迫Fxしやすい。

・OPE室でも放射線を使うので対策や患者に対しての説明に参考になった

・画像をみることができると、患者さんの援助にも役立つので勉強になりました

 

3、今回の研修の感想を書いてください

・被爆や検査方法など普段はあまり学ぶ機会が少ないことを知れたと共に画像をみていくために必要な知識も学べてとても良い研修でした。

・他の専門分野の勉強することでコミュニケ―ションもとりやすくなると思いました。

・現在の受け持ち患者様のX-Pを再度見てみようと思いました。

 

次回は7月19日(水)です。褥瘡委員会による褥瘡の勉強会になります。

-良かったらポチっとな-

6月28日(水)18時から院内研修を行いました。

今回のテーマは「ハイリスクな薬剤」

当院の薬剤師の方に講師をお願いし、勉強させていただきました。

 

参加者は看護師、リハビリの方々、合わせて61名が参加でした。

 

まずは「本日の お勉強。」と題された講義の内容がスクリーンに映されました。

1 転倒の原因薬 精神神経系に作用する薬剤

2 糖尿病薬 いまや国民病 男性16% 女性10% 300万人を突破

3 抗凝固薬 NOAC VS ワーファリン  看護、リハビリの際に

4 抗生剤の適切な投与時間 など 肺炎は死亡3位

5 6R 初心にかえって

 

看護師もリハビリさんも共通して・・・と言うと

やはり転倒や副作用にふらつきが出てしまう薬剤の話をというところになってきます。

わかりやすく・・・

うちで使っている薬は、○○でー

ジェネリックっていうのはね・・・・

などと

新人さんには少し難しかったかもしれませんが

とても勉強になりました。

いろいろなことがつなげられて考えられると

楽しくなってきますよね~

 

アンケートより

1、今回の研修の内容は理解できましたか。

よく理解できた…13名

ほぼ理解できた…23名

一部理解できた…21名

あまり理解できなかった…0名

 

2、今回の研修は実際に業務に活用できますか。

十分活かせる…14名

活かせる…30名

一部活かせる…14名

あまり活かせない…1名

 

3、今回の研修の感想を書いてください。

・なぜダメなのかなどの理由まで教えて頂くことで分かりやすかったし、あの患者さんはこうだったのかなと照らして考えることが出来ました。

・外来の患者には抗不安薬の処方されている高齢者の方が多いので、日常の生活の様子なども受診する際に聞いていくことも必要だと思った。抗生剤も短時間で投与(患者の希望)することが多いので薬の効果をきちんと説明していきたいと思います。

・薬剤ってとてもとっつきにくい気がしますが実はきちんと方程式みたいなものがあって正しく使えば大丈夫というのがよく分かりました。

 

一部の感想しか載せていませんが、感想からも実りのある充実した講義だったことが伝わってきました。

お疲れ様でした!!次の院内研修は7月12日「画像の見方」です。

 

ちなみに…今回のこの素晴らしい講義をしてくださった先生は…先日、更新した記事にある釣り部の船長さん!!

  ありがとうございました!!!

-良かったらポチっとな-

昨日手洗い講習会の第2回目を開催しました。

多くの参加者が興味深く講義を聞き入っていました。

 

手洗いは・・・感染防止の基本ですからね!

学んだことをしっかり実施できるようにしたいですね~

-良かったらポチっとな-
PAGE TOP