カテゴリー「 新人研修 」の記事

12 件

4月に新しい生活をスタートした新人さん
毎週毎週勉強会と言われ、詰め込み詰め込みやってきましたが・・・
疲れちゃってないかな・・・・
プリセプターさんとはうまくやっているかな・・・・
と言うことで集まってみました!

今回は、プリセプターさんもプリセプティさんも

「社会人基礎力」のデーターをそれぞれ出して

お互いの弱点について確認し合い

今後のぷりぷり関係がより良いものになればと思って企画しました。

ぷりぷり同志横並びに座っていただき

思ったより会話が弾んだように見えましたが・・・・

病棟に戻ってからも、このくらいお話ができるといいんですけど・・・

-良かったらポチっとな-

本日の新人研修は急変時の対応に備えて挿管の準備、介助の仕方等々

固定の仕方もお人形を使って実際やらせてもらいました。あってはならない急変!でも病院なのでいつ起こるかわかりません・・・・

そんな時!

誰もがあわててしまっていますが、

役割分担をきちんと決めて

声を掛け合いながら

間違いなく

出来るだけスムーズに行えるように日々訓練していきたいと思います。

 

アンケートの結果

1.内容は理解できましたか?

できた・・・・・・・・・7名

まぁまぁ理解できた・・・8名

難しかった・・・・・・・1名

2.現場で実施できそうですか?

実施出来そう・・・2名

少し不安・・・・・13名

実施出来なそう・・0

機会がない・・・・1名

*今回一連の流れやチエックポイントを学ぶことが出来ました。病棟で実際に介助でき るよう日頃からトレーニングすることが大切だと思いました。病棟の物品チェックの際にも今回のことを思い出しながら”いざっ”という時に動けるようになりたいです。

*Drの介助方法と必要物品を実際のデモで学ぶことが出来た。テープの固定方法などポイントを指導して頂き知ることが出来た。落ち着いて行動できるよう確認しておきたい。

 

いざ!というと・・・なかなか動けないものです。常日頃から物品の置き場や使用方法を理解して、いつでも使えるようにしておくことが大切です。

予想外のことが起こると焦って慌てて~できるものもできなくなってしまうことありますよね・・・

でもそれが許されない職場なんです!

緊張感もってしっかり学習しておきましょう~~~

 

今日の講師の方の

【余談なんですけど】

Lecture(講義)………………………………5%

Reading(読書)………………………………10%

Audio Visual(視聴覚)………………………20%

Demonstration(デモンストレーション………30%

Discussion Group(グループ討議)……………50%

Practice By Doing(自ら体験する)………75%

Teaching Others(他の人に教える)………90%

半年が経過した段階で、どの程度、学習した内容が記憶として定着しているかどうかの調査結果

だからといって座学や読書もお粗末にされては困るんですけどね!

 

ですって・・・・(*^^*)(*^-^*)

 

 

 

-良かったらポチっとな-

9月30日に新人研修を行いました。

今回のテーマは「血ガス・Aライン」です。

通常業務とは違って、患者様の状態に変化があったときの対応となると・・・病棟間に差が出てしまって、実践する機会の少ないところの人もいます。看護師として最低限知っておいてもらいたいこと、また 今日の勉強会を思い出して資料が取り出せるようならいいと思います。

 

アンケート集計結果

1.内容は理解できましたか?

出来た ……4名

半分くらい出来た ……5名

難しかった ……5名

 

2、現場で内容を生かして実施できそうですか?

実施できそう ……3名

少し不安 ……10名

実施できなそう ……0名

機会がない ……1名

 

3、感想・要望

・今までAラインは手術後の患者さんに繋がっている所しか見たことがなく、

どのようにセットするか、どのように使用するか分からなかったが、今回の講義を聞いて必要物品など

基本から学ぶことが出来て良かったです。

 

・Aライン挿入介助は説明を聞いても難しかったです。Aラインは固定方法や物品を準備する時に

とる機会があれば見学したいと思います。また、血ガスの測定は流れが分かったので

エアが入らないようにしなくてはいけないなど注意点がとても多かったのでAとる機会があれば見学したいと思います。

また、血ガスの測定は流れが分かったのでラインを実際にいき実践したいと思います。

 

-良かったらポチっとな-

前回の新人研修の後編で「SOAPの書き方②」を行いました。

今回は先輩が作った症例をSOAPで書いてみよう!

ということで実際の看護記録用紙を使って行いましたが・・・

なかなか簡単にはいかないもので、『記録』は永遠のテーマなんですよね~

ありのままに書けばいいんだけど・・・・・

その記録を読んで情景が浮かんでくるようなら

わかりやすくていい記録なのかと思いますが

まだまだ・・・更なる学習が必要です。

先輩方の良い記録をたくさん読んで参考にさせていただきましょう。

先輩方もアセスメントしっかりできていますか?

新人さんの見本になるような記録をお願いいたします♪

 

アンケートより

Oデータをもとにアセスメントをしっかり考えることで今後の患者さんの状態を予測したり援助につなげることができると思います。患者さんの状態をしっかり観察し、記録だできるようにしていきたいと思います。

 

-良かったらポチっとな-

今回の新人研修のテーマは「SOAPの書き方」

先輩ナースから2回にわたって、いろいろと学びます。

 

アンケートより

1.内容は理解できましたか?

出来た…4名

まぁまぁ理解できた…8名

難しかった…2名

 

2、現場で、内容を生かして実施できそうですか?

実施できそう…4名

少し不安…8名

実施出来なそう…2名

 

3、感想

・AとPの書き方が難しいと感じました。患者の状況がみえるような記録を書けるように勉強していきたいと思います。

・看護記録はみんなが目を通すものなのでみんなが分かりやすく短い文章で理解できる様書き方を学びたいです。看護計画も長く書いてしまい短い言葉で書くのが難しい。病棟で先輩の記録に目を通し、言い回しなども勉強したいです。

・日頃、記録を書いていてSとO情報の区分が難しいときがあったけどあらためてSとOの違いを理解することができた。看護記録の大切さについて知ることができた。

 

今回の研修で記録が見る見る書けるようになるとは思っておりませんが・・・

基本をしっかり学習したうえで先輩方の記録を読んでみるといいと思います。

先輩たちも新人さんが見本にしたくなるような記録を書いて下さいね☆(*^▽^*)

 

次回は後編です。今回の内容を踏まえ、より学びを深めましょう。

 

-良かったらポチっとな-

前回の新人研修に続いて今回はアナムネの聴取を実際にやってみました。ロールプレイで実際に基本情報に必要な項目を引き出せるように質問してみたり…(;^_^A

患者役としては聞いて欲しいのに聞いてくれなくてもどかしい思いをしたりしました( ̄。 ̄;)

15名の新人ナースが参加し、先輩ナースが患者役でやぅてみました。

 

アンケートより

1.内容は理解できましたか?

出来た……7名

まぁまぁ理解できた……6名

難しかった……0名

 

2、現場で、内容を生かして実施できそうですか?

実施できそう……2名

少し不安……13名

実施できなそう……0名

機会がない……0名

 

3、感想

・相手によって同じ質問をしても捉え方が違ってしまったりするので相手を良く知ろうという思いを大切に、失礼のないよう必要な情報を得ていきます。

・他の人の意見を聞くことでそこも自分に足りなかったなと考えることができた。

・患者さんは苦しいので時間は短く、五感を使って頭で関連付けて聴くことと疾患による症状をもっと勉強しておくことが大切だと学んだ。基本情報以外でも必要な情報は聴く。短時間に情報がとれるか不安でいっぱいですが頑張ります。

 

-良かったらポチっとな-

土曜日に新人研修が「アナムネの取り方」をテーマで行われました。

14名が参加して、一緒に学びました。

アンケートより

1、内容は理解できましたか?

出来た…10名

半分くらい出来た…3名

難しかった…1名

 

2、現場で内容を生かして実施できそうですか?

実施できそう…5名

少し不安…8名

実施できなそう…1名

機会がない…0名

 

3、感想、要望

講義は分かりやすくて丁寧でした。基本情報をとるにはコツが必要なのだと分かりました。話し方(聞き方)や重要順に聞いたりすることも大事だと学びました。(A4病棟)

 

患者さんの個人情報につながることであるので情報の取り方には細心の注意を払いながら行い、取り扱うことを情報の優先順位に沿って聞き取ることを学びました。(B3病棟)

 

昨日はじめて基本情報をとりました。とり忘れた情報があり何回か患者さんのところを往復してしいました。一回で正確な情報をとれるように質問の仕方を工夫したり、順番を考えて聞かないといけないなと思いました。(B3病棟)

 

-良かったらポチっとな-

「MTの挿入・経管栄養」をテーマに新人研修が行われました。

 

「マーゲンチューブの挿入について」

「必要物品と手順の説明」の後・・・・

 

『お互い実際やってみましょう~』

 

みんな悪戦苦闘しながら・・・チャレンジしてみましたが・・・・

 

涙 涙 涙・・・

 

「患者さん こんなに つらい思いして・・・・」

「1分も入れておけない・・・」

「痛い・・・痛い・・痛い!」自己抜去・・・・

「患者さんのつらい気持ちよくわかりました。」

 

ちゃんと技術を磨いて、早く上手になって下さいね。

 

アンケートより(参加人数14名)

1.内容は理解できましたか?

出来た……13名

半分くらい出来た……1名

出来なかった……0名

2.現場で、内容を生かして実施できそうですか?

実施できそう……3名

少し不安……9名

実施できなそう……2名

機会がない……0名

3、感想・要望

・初めて自分がマーゲンチューブを入れられて痛みと吐き気が分かりました。手技と声かけは行えていたつもりでしたが自分がされて嚥下の難しさを知りました。これからはもっと患者側の気持ちを理解し援助していきたいです。

 

・よく患者にやるとき「痛いね」「大丈夫」とか簡単に言ってたけど体験を活かし、声をかけていきたいと思った。また、手を出して抵抗してしまうのもよく理解することができました。

-良かったらポチっとな-

本日は「バルン挿入」の研修会でした。

男性用・女性用のモデルを使用して実施しました。

羞恥心が伴うものなので、手際よく実施できるようにならないと・・・。

やってみると消毒したり、蒸留水をシリンジに吸ったり、

鑷子の使い方やシリンジの使い方

もちろんバルンの清潔な取り扱い方法

固定水の入れ方・・・・(しっかり接続しないと漏れちゃうよー)

たくさんの工程があるので難しいです。

実際に行ってみて、いろいろな学びの時間になったようです。

今日の学びを活かして、また現場で頑張ってください。

 

アンケートより(出席者12名)

1.内容は理解できましたか?

出来た       … 5名

半分くらい出来た  … 7名

出来なかった    … 0名

 

2.現場で、内容を生かして実施できそうですか?

実施できそう  … 4名

少し不安    … 8名

実施出来なそう … 0名

機会がない   … 0名

 

3.感想・要望

・男性・女性の挿入時の注意点や清潔・不潔の重要性をきちんと学ぶことができました。

固定の方法や抜き方で尿道を傷つけない手順など注意点や根拠をよく確認して実施できるようにします。

・実際に人形ではありましたが体験することで流れを理解し注意することを確認することが出来たのでこれを活かせたらいいなと思います。

・患者さん相手ではカテーテルが膀胱に届いているか目で確認できませんが尿道の長さに膀胱の長さを考え、

患者さんの反応や蒸留水の抵抗など手技だけでなく反応をみながら実施していきたいです。

今回、人形を使ったことで解剖を再確認することができました。

 

次回の研修はは二週間後です!!テーマは「MT挿入・経管栄養」です。

-良かったらポチっとな-

6月13日(火曜日) 入間市市民会館で埼玉県看護協会さんがはるばる出前研修で来てくださいました。

皮膚・排泄ケア認定看護師さんによるわかりやすい講義を当院の新人7名+褥瘡委員さんで参加してきました。

褥瘡の発生機序、褥瘡予防ケア(清潔・洗浄、保湿、保護)褥瘡の経過に応じたケアの具体的な方法について学習してきました。

今年の新人さんは褥瘡ケア ばっちりです!

まずは、作らないように心のこもった看護ができるように・・・・・

-良かったらポチっとな-
PAGE TOP