2018年3月

4 件

本日14時に国家試験の発表がありました。
当院でも桜が開花し、めでたく看護師が誕生しました!

いろいろ苦労してきたことあると思うけど
今の喜びを忘れずに
これからも頑張って素敵な看護師さんになれるよう応援し続けます。

-良かったらポチっとな-

無事に・・・・当院の准看護学生さんは合格いたしました!

おめでとうございます \(~o~)/

-良かったらポチっとな-

当院では、看護部とリハビリテーション科が合同で日々研究している内容をまとめて発表する機会を設けています。

リハビテーション科では、専門チームがあります。(リハビリテーション科のHPを御参照下さい。)それぞれ配属場所や経験に関係なくグループを作り、自分の興味のあるものについて日々?研究し、よりよいリハビリが提供できるよう工夫しています。今回は、その中の・・・足底板チームとレクリエーションチーム、リハ栄養チームの発表がありました。

看護部では、各病棟でそれぞれの特徴をとらえた研究のまとめをしています。
外来では、入院が決まった患者さんが円滑に入院ができるようにとチェックリストを作成した取り組みをしておりました。

療養病棟では、スキンテア(skin tear : 皮膚裂傷)発生のリスク軽減に努めるための工夫を行っていました。

手術室では、手術時オリエンテーション改訂版を作成するにあたっての患者アンケート調査を行ったりしていました。

地域包括ケア病棟では、生活リハビリについての看護師の意識調査を行っていました。

回復期リハビリ病棟では、プライマリーを行っているので、アソシエートナースとの連携についてお互いが協力し合い、信頼し合って質の良い看護を提供するための取り組みを発表していました。

一番大所帯の一般病棟では、看護師の数も多く、新人も多く抱えており、入退院も激しいため、患者さんの状態の変化や治療方針の変更などたくさんの情報が飛び交っています。そこが選んだテーマは、意見の言えるミニカンファレンス作りでした。スタッフの意識調査をして、新人でも意見の言える環境作りなどの工夫などを行い成果が出ているようです。

 

研究に携わった方々

お疲れ様でした。

発表したから終わりではなく、いいものはやり続けることが大切です!

新たに改良を重ねより良い看護が提供できるように継続していっていただきたいと思います。

-良かったらポチっとな-

3月1日

入間准看護学校に通う 7名が無事に卒業式を迎えることが出来ました。

いろいろありましたが・・・・
みんな揃って卒業することが出来て~よかった!

-良かったらポチっとな-
PAGE TOP