今年最後の一般研修を行いました。

テーマは「排尿ケア」でした。

看護師だけでなく、看護補助者、リハビリと他職種が参加し、よりよい排尿ケアに努められるよう知識の再確認と共有をはかりました。

 

アンケートより(参加者64名)

1、今回の研修の内容は理解できましたか。

よく理解できた…7名

ほぼ理解できた…43名

一部理解できた…10名

あまり理解できなかった…1名

2、今回の研修は実際に業務に活用できますか。

十分活かせる…6名

活かせる…36名

一部活かせる…17名

あまり活かせない…2名

3、感想

・排尿ケアは病棟スタッフみんなが関わることなので必要性やケアの現状を共有しながら行っていかなければと思った。他職種とのかかわりが多いので協力しながらケアをしていきたいです。

・排泄動作は自尊心に大きく関わる事柄であり、一日でも早く自立できるようにチームで関わる大切さを認識することが出来ました。

・排尿自立指導を行うことによってADLの維持や増進をもたらすことができることが印象に残りました。

 

「排尿ケア」と改めて言われてしまうと

えっ?難しいことなの・・・・?

と思いがちですが、

普段からやっていることなんです。

それを書類を書いて~多職種で~となると

ややこしくなりがちですが

ちゃんとやっていますよーということを

書き表さないと国は認めてくれませんからね。

 

でも、今日さっそく声をかけてくれた看護師がいました。

アンケートの中で、担当がいなくてもできるようにしていきたい。と

意欲を見せてくれる人もいて

勉強会してよかったなぁ~と思います。

-良かったらポチっとな-