呼吸ケアチーム 12月活動報告

今年度の吸引実施者育成プログラムの経過を確認しました。

8名全ての参加者の事前の研修が終わり、あとは臨床場面での確認を残すのみとなっています。

今後は呼吸ケアに関する研修参加を促し、知識を共有する事を再確認しています。

育ママ 12月活動報告

Fotor_154700810035613育ママ12月活動報告
12月の育ママランチョンセミナーは「地域リハビリテーション」をテーマに行いました。
普段病院で仕事をしていると、地域の中での視点を感じにくいものです。今回のセミナーを通して、専門職としての職域の拡大や存在意義、自分達に求められているものを考える良い機会となりました。
これからは広い視点でリハビリテーションをとらえていけるようにしたいと思いました!

育ママ 11月活動報告

 Fotor_154700802422279育ママ11月活動報告
11月の育ママランチョンセミナーは、足底板チームより「パッドを使用した分節のコントロール〜横アーチと骨盤の前後傾斜〜」をテーマに行いました。
薄いテープを中敷に貼ることで、骨盤の誘導も試していけるとのお話がありました。セラピストの介入していない時間に治療効果を出せる!!魅力的な治療方法でした。

育ママ 10月活動報告

Fotor_154700792990591育ママ10月活動報告
10月の育ママランチョンセミナーは、装具チームより「装具に対する考え方」をテーマに行いました。
装具を使うことでの効果や利点、治療戦略、費用について幅広く話してくれました。装具作成は早期に行うとADL能力の改善につながる、という研究結果もあるため、治療の一つとして検討できるようになると良いなと感じました!

研修報告『羽村リハビリテーション研究会 activity導入編』

10/14  羽村リハビリテーション研究会
activity導入編

講師:高橋栄子先生

片麻痺者に対する上肢への直接介入・道具操作時の評価・治療を学びました。
脳の損傷では、運動麻痺だけではなく、感覚(運動感覚・視覚・空間認知など)の問題が生じます。正常運動では脳を介して様々な処理が行われているため、物品へのリーチ・操作のリハビリテーションには、視覚・空間認知の問題も治療対象として考慮する必要があることを改めて学びました。

呼吸ケアチーム 11月活動報告

Fotor_154443468996648吸引実施プログラムの報告です。

今回の受講者にもお互いに吸引体験をしてもらいました。チューブが鼻腔から喉にかけて移動する苦しさを体験した事で、自分が吸引する際にも患者様に負担をかけない配慮が学べたようです。

呼吸ケアチーム 10月活動報告

Fotor_154201324354229

吸引実施プログラムの第2回目の実技練習です。

今回はお互いの鼻にチューブを入れて、患者体験をしてもらいました。

生身の身体にチューブを入れる緊張感、入れられる怖さを感じる事で吸引に慣れてもらう事が狙いです。

実際の練習では、鼻出血もなく、講師も含めて複数人の吸引を経験する事が出来ました。

 

リハ栄養チーム 10月活動報告


Fotor_15400845624318

今回は先月末に行った症例報告会の反省を踏まえて、アプローチの質を高める課題を検討しました。

また、メンバー間で栄養学的知識に差があると意見が多く、底上げを図るために勉強会を行って欲しいと積極的な姿勢が見られています。

まとめて振り返る機会を持つ事は大切だと感じました。

育ママチーム 9月活動報告

Fotor_154443590504199
9月の育ママランチョンセミナーは、レクリエーションチームより「レクリエーション(集団活動)の効果」をテーマに行いました。
レクリエーションの期待できる効果や、実体験からの実施のポイントなどを学べました!すぐに活かせる内容でレクリエーションについての知識が深まりました!

地域リハビリテーション 10月活動報告

今日は、初めての会場で体操教室を行いました。でも顔なじみの方も多く、安心します。姿勢を整えながら筋力アップの体操。楽しんでいただけたようで、終わった後は顔がしゃっきりして見えました。介護保険の話もしましたが、必要になる時が来ないことが1番です。

地域リハビリテーション 9月活動報告

今日も「ワイワイなかま」の活動に参加して来ました。

日々の積み重ねが大切だけど、運動習慣って、なかなか難しい。普段の生活動作にちょっとだけ、運動をプラスするような工夫をご提案しました。次回、お邪魔したときにどのくらいできているのか、楽しみにしています。

育ママ 8月活動報告

Fotor_153976864994878育ママランチョンセミナー

8月は、7月の「膝の評価」の続編として、膝蓋下脂肪体の触診やストレステスト、鵞足炎のトリガー筋鑑別テスト、 膝蓋跳動などの評価を中心に学びました。そして、実際の治療として、膝の機能障害からくる他部位への代償を診て治療していくことや、インソールを使用した症例紹介もありました。
解剖や触診、細かい評価の大切さを改めて感じることができました!

地域リハビリテーション 10月

10月3日。今日は、入間市内のサロンでいきいき100歳体操の紹介をしてきました。30名くらいの参加がありました。実際に重りを使い体操をしましたが、皆さん最後まで実施できていました。中には90歳代の方もいらっしゃいました。お元気な方が多くて驚かされます。これからも元気で過ごせるよう、お手伝いしていきます。

地域リハビリテーション 9月活動報告

久しぶりに更新します。介護予防の活動は続いています。

「ワイワイなかま」で半年に1度の体力測定会を実施しました。片足立ち、30秒立ち上がり、timed up & go、握力測定の4項目を行っています。

今回で4回目。皆さん、測定となると張り切ってくださいます。測定結果は過去3回と比較し、著変なし。平均年齢はプラスされていくわけですから、素晴らしい結果だと思います。また半年後の測定を楽しみにしています。