大阪ロルフトレーニング モジュール2 パート4

大阪ロルフトレーニング モジュール2の4回目に参加してきました。

今回は主に顔面、頭頚部に対するアプローチでした。
頭蓋骨は実はわずかながら呼吸で動くとのことで、縫合線を基準としてアプローチしていきます。
そして今回のメインは、口腔、鼻腔です。特に鼻腔はなかなか触れるものではないので、緊張感がありました。

顔は感覚器官も多く、非常に重要な部位です。
PTは比較的さわる機会の少ない部位という印象もありますが、今回を機に積極的に介入していこうと思いました。