外部講師 9月活動報告 その3

 今月は臨床指導のビデオを見ながら、症例検討や実技練習を行いました。
症例検討では、訪問リハビリ、回復期リハビリ、急性期リハビリなど、それぞれの時期の患者様が様々な訴えや悩みがあり、1つずつ担当セラピストの意見を踏まえながら、どんな方法があるのか、今の時期に必要なことはどんなことか、先生の臨床場面をみながら解説していただきました。
(先生に失礼かもしれませんが、簡単に説明をすると)手内在筋の活動によるMP関節屈曲から手関節背屈、肘関節伸展、肩関節から臀部までという繋がりがあり、その機能の回復によりパフォーマンスが大きく変化することができることを学びました。
実際の臨床場面や実技練習も含めて、まだまだ臨床でのスキルや考えが足りないことを痛感しました。今回のこの悔しいような不甲斐なさや、新たな可能性のようなものを期待感を感じながら、個々の努力やセラピスト同士で協力し合い、次のステップへ成長していければと思いました。まず、自分がリハビリをさせていただく目の前の方の悩みを少しでも解決に導いていきたいと思います。