外部講師 12月活動報告

IMG_20171216_190944

今回は、臨床指導で実際の患者様に行っていただいた内容を解説していただきながら、実技練習を中心に行いました。

今回のケースを想定しながら、モデルを体験することは、とても重要なことであると改めて再認識することができました。

セラピスト自身が一方的な考え方や介入をすることではあまり良い結果を出すことはできません。

どんな状況下でも患者様の目線に立ち、患者様の気持ちや考え方に少しでも寄り添うことができる。そして、ハンドリングや介入を通して良い方向へ導いていくことが大切であると感じました。

ハンドリング技術はまだまだ成長が必要ですが、常に考えなくてはならないこと、感じなくてはならないことを学ぶことができました。