研修報告「手の評価について」

リハビリテーションの評価とは、測定結果に意味づけする過程であり、推論の過程を経て得られた結論であり、検査・測定の寄せ集めではない。数値の整理にとどまらず、その発生原因の鑑別を行い、状態・原因に合わせたアプローチ方法を検討することである。

評価について、改めて考える機会となり、とてもよい刺激を頂きました。