5月 外部講師

今回も、臨床指導として患者様の治療を学ばせていただき、治療を振り返りながら勉強会を開いていただきました。

様々な症状を呈している方がいるなかで、どこが重要か、どこに焦点をおくか、また評価にいたる段階、経過について詳しく説明していただきました。
当院のセラピストの中でも、的確な問題点を抽出しながら、的確にアプローチしていくことの難しさを感じることは多くあるので、みなさん先生のお話に、食らいついて聞いておりました。
また、今回もいつかの実技練習を行いました。以前、教えていただいた内容と比較的近いものもあり、先輩、後輩関係なく、有意義な時間を過ごしました!(実技が納得してできるまで帰らない!という熱いセラピストも何名かおりました!)
今回参加したセラピストは、自分の臨床に繁栄させて、また病院の患者様に少しでも良いリハビリを提供できればと思います。