6月 外部講師

みなさんは、爪を支点に腕を持ち上げたことはありますか?
今回の勉強会もフェルデンクライスのATMを行いました。今回のテーマは、『指を反らす』。
今回は、頭部、胸郭、上肢を中心に様々な動きを入れていきました。少しの小さな動きから徐々に全身を繋げるような大きな動きを行なっていきます。動かして、休み、また動かして休むという動きを繰り返し行っていきます。
自分でも、肩甲骨のまわりがほぐれていくのがわかってくると、次第に寝ているときに床に体がなじんでいきます。
ついに、爪です!仰向けで腕を肩の高さまで両側に広げ、手のひらを天井に向けた状態で爪を支点に前腕、上腕、肩、肩甲骨、そして胸椎から頸椎・頭部、腰椎・骨盤・下肢とつながりが広がっていきます。
最近は、胸椎や頸椎を中心とした内容が多く、個人的にはかなり動きが固いので、毎回終わった後の姿勢の変化は発見や驚きがたくさんあります!
このまま続けていくことで、しなやかでモデルさんのようなきれいな姿勢を手に入れることができるような気がしてワクワクしております!
今回の経験を活かして、モデルさんとまではいいませんが、少しでも患者様が楽な姿勢や動きができるように、もっと身体について学んでいき、患者様へたくさん還元していければと思いました!