9月 外部講師

今回、臨床指導を行っていただいたケースをもとに勉強会を行っていただきました。

何名かの患者様のそれぞれ行っていただいたことは、もちろん全く違う内容です。それぞれの重症度や問題点、目標などが違うからです。

ですが、それぞれの患者様を通して、すごく勉強になるとても重要なことを教えていただきました。

セラピストがリハビリを行っていく中で、「何を提供するか」私たちは、常に考えていますが、もっと深く考えることができると感じました。

患者様の現状を考慮した上で、「何を提供するか」について、どんな環境で、どんなタイミングで、どんな物を使うかなどを検討していくことが重要だと学ぶことかできました。

E916A791-7181-4E90-8682-04369229BEE3今回の学びを患者様へ活かしていきたいと感じました。