研修報告 「ボバースBCステップアップ研修会」

研修報告 ボバースBCステップアップ研修会に参加してきました。

基礎講習会参加以上を対象とした研修のため、臨床応用やより具体的な生活課題の達成を目標とした分析やアプローチ法を学ぶことができました。
研修では、洗顔動作や箸を用いた食事、下衣の更衣動作、移乗動作などを中心に学ぶことができました。
ボバース概念では、対象となる患者様が、なぜ、どのように課題となるALD動作ができないのか。または、効率良く行えないのかを、中枢神経系や筋骨格系等から考察してアプローチを展開します。日常生活動作は、とても細やかな動きの連続であり、治療を実施するにも多くの視点や技術が必要となります。そのため、日々の鍛錬が必要です。
本研修ではとても多くの事を学び、大変勉強となりました。研修で学んだ知識や技術を活かし、今後も患者様や利用者様のお役に立てるように、リハビリテーションを実施して行きたいと考えます。